体育協会について

スポーツで県民に夢と感動を!

  スポーツを楽しむ佐賀県へ

公益財団法人佐賀県体育協会会長
山口 祥義

 「スポーツは間違いなく「あなた」のものである」と言ったのは、NHKスポーツ報道センター長を務め、現在スポーツプロデューサーとして活躍する杉山茂さんです。

 今年6月に開催されたFIFAワールドカップ2018。熱戦を繰り広げる日本代表選手たちの姿を見て、中にはサッカーを始めた人や地元サッカーチームの試合の応援に行った人もいるのではないでしょうか。スポーツを職業とするプロ選手、国際大会で活躍するアマチュア選手、余暇や健康づくりとして楽しむ人、応援やサポートをする人など、スポーツとの関わり方には様々な形があります。

 まさに、一人ひとりが、自分なりのスポーツの楽しみ方を選ぶことができるのです。

 去る7月18日、2023年の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会の佐賀県開催が内定しました。この大会から大会名称が変更され、佐賀大会は「国民スポーツ大会」として最初の大会となります。日本全国からトップレベルのアスリートが集まる両大会の開催を一つの契機として、これまであまりスポーツと関りがなかった方々にも興味を持っていただきたいと考えています。

 このため、県では、スポーツを「する」「育てる」「観る」「支える」といった多様な楽しみ方ができるよう、スポーツ文化の裾野を広げるとともに、アスリートの育成を目指す「SAGAスポーツピラミッド構想(SSP構想)」に取り組んでいます。

 こうした中、県内では、企業だけでなく地域でもトップアスリートをはじめとするスポーツ選手を育てる動きが生まれています。

 昨年度は、久光製薬スプリングスがV・プレミアリーグで2年ぶりの王座を奪還し、サガン鳥栖U-15が全国大会で2冠を達成するといった活躍を見せてくれました。また、仕事に従事しながら競技に取り組むひらまつ病院陸上部が、県内実業団・国内医療法人として初となるニューイヤー駅伝へ出場を果たしました。

 さらに今年は、Bリーグ参入を目指す新チーム「佐賀BALLOONERS」や、3人制バスケットボールのプロチーム「KARATSU LEO BLACKS」が発足するなど、本県のスポーツはますます活気づいています。

 このような動きをさらに加速させるため、SSP構想を充実させ、未来につながる新しいスポーツ文化を築いていきたいと思います。

 佐賀県で開催することとなった国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会の成功に向けて、今後もご支援、ご協力をお願いいたします。

 

    

 

 

 

 

 

  肥前さが幕末維新博の想いを

        2023年国民スポーツ大会へ

公益財団法人佐賀県体育協会理事長
東島 敏隆

 皆様には、日ごろから佐賀県の体育・スポーツの振興並びに本協会の諸事業に対し格別なるご支援、ご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。

 昨年2018年は明治維新150周年にあたり、全国各地で記念行事が開催されました。佐賀県では、3月から本年1月までの10か月間にわたり「肥前さが幕末維新博覧会」が開催されました。内容は佐賀藩が明治新政府の重要な役割を担ってきた科学技術力、佐賀の七賢人や志等を紹介し、佐賀県民が郷土への誇りと自信を取り戻し、信念と志を持って未来に向かって歩みだして欲しいとの想いが伝わる博覧会でした。

 4年後の2023年に第78回国民スポーツ大会の佐賀県開催が(公財)日本スポーツ協会理事会において内定されました。特に、佐賀大会から国民体育大会の名称が国民スポーツ大会へ改称される最初の大会となります。

 佐賀県では、国民スポーツ大会開催に向けて、佐賀県総合運動場の大型アリーナを含めたスポーツ施設の整備と同時に、アスリート発掘育成とスポーツ文化の裾野拡大を通して全国・世界で活躍する選手の育成を図る「SAGAスポーツピラミッド構想(SSP構想)」が展開され、国民スポーツ大会開催への準備と機運醸成が高まってきています。是非、スポーツを通して県民に夢・感動・誇りを与える佐賀県選手の活躍を見たいものです。

 また、昨年、福井県で開催されました「福井しあわせ元気国体」では、優勝がバレーボール、セーリング、レスリング、2位がボート、弓道、山岳、陸上、ベスト4以上がラグビー、剣道、ハンドボール、アーチェリー、陸上、水泳、ウエイトリフティング、セーリングの8競技11種別、8位以上の入賞競技数が18競技になり、少年成年男女の種別数と団体種目の入賞数増加、さらにはスケート競技の出場に伴い、昨年より得点が96点増加し、天皇杯33位、皇后杯32位と健闘していただきました。出場された選手監督、関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 本年2019年の国民体育大会は、茨城県で「いきいき茨城ゆめ国体」が開催される予定であり、その前哨戦である九州ブロック大会が佐賀県で開催されます。多くの競技が茨城国体への出場権を獲得できるよう、佐賀県選手のさらなる活躍を期待します。

 次に、昨年8月、(公財)日本スポーツ協会主催の第22回日韓青少年夏季スポーツ交流事業の受入を唐津市、派遣を韓国大邱市で、佐賀県と韓国の小中学生によるスポーツ交流等を実施しました。参加した選手・監督の皆さんは、合同練習やレクリエーション等を通してお互いの信頼と友情、交流の場を広げることができ、日韓両国にとって意義深く、また、スポーツ振興と青少年の健全育成に寄与したものと思います。唐津市、日韓両国の本部、指導者、通訳等のご指導の賜物であり、この場を借りて感謝申し上げます。

 さて、これから2023年第78回国民スポーツ大会開催と天皇杯獲得に向けて、選手の育成強化、組織体制づくり、スポーツ施設整備等を佐賀県と共に取り組んでいかねばなりません。国民スポーツ大会の成功に向けて、佐賀県民一人ひとりが信念と志を持って、スポーツ関係者はもとより、佐賀県、佐賀県議会、市町、企業等と共に「オール佐賀」として一体となってのご支援、ご協力をお願いいたします。

 結びになりますが、佐賀県スポーツの一層の振興と関係各位のご健勝、ご活躍を心から祈念申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。

 

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ

Copyright (C) Saga Amateur Sports Association. All Right reserved.