スポーツ協会について

スポーツで県民に夢と感動を!

  スポーツを楽しむ佐賀県へ

公益財団法人佐賀県スポーツ協会会長
山口 祥義

 「スポーツは間違いなく「あなた」のものである」と言ったのは、NHKスポーツ報道センター長を務め、現在スポーツプロデューサーとして活躍する杉山茂さんです。

 今年6月に開催されたFIFAワールドカップ2018。熱戦を繰り広げる日本代表選手たちの姿を見て、中にはサッカーを始めた人や地元サッカーチームの試合の応援に行った人もいるのではないでしょうか。スポーツを職業とするプロ選手、国際大会で活躍するアマチュア選手、余暇や健康づくりとして楽しむ人、応援やサポートをする人など、スポーツとの関わり方には様々な形があります。

 まさに、一人ひとりが、自分なりのスポーツの楽しみ方を選ぶことができるのです。

 去る7月18日、2023年の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会の佐賀県開催が内定しました。この大会から大会名称が変更され、佐賀大会は「国民スポーツ大会」として最初の大会となります。日本全国からトップレベルのアスリートが集まる両大会の開催を一つの契機として、これまであまりスポーツと関りがなかった方々にも興味を持っていただきたいと考えています。

 このため、県では、スポーツを「する」「育てる」「観る」「支える」といった多様な楽しみ方ができるよう、スポーツ文化の裾野を広げるとともに、アスリートの育成を目指す「SAGAスポーツピラミッド構想(SSP構想)」に取り組んでいます。

 こうした中、県内では、企業だけでなく地域でもトップアスリートをはじめとするスポーツ選手を育てる動きが生まれています。

 昨年度は、久光製薬スプリングスがV・プレミアリーグで2年ぶりの王座を奪還し、サガン鳥栖U-15が全国大会で2冠を達成するといった活躍を見せてくれました。また、仕事に従事しながら競技に取り組むひらまつ病院陸上部が、県内実業団・国内医療法人として初となるニューイヤー駅伝へ出場を果たしました。

 さらに今年は、Bリーグ参入を目指す新チーム「佐賀BALLOONERS」や、3人制バスケットボールのプロチーム「KARATSU LEO BLACKS」が発足するなど、本県のスポーツはますます活気づいています。

 このような動きをさらに加速させるため、SSP構想を充実させ、未来につながる新しいスポーツ文化を築いていきたいと思います。

 佐賀県で開催することとなった国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会の成功に向けて、今後もご支援、ご協力をお願いいたします。

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ

Copyright (C) Saga Amateur Sports Association. All Right reserved.