バレー競技(令和2年実施)

令和2年8月2日(日)バレー競技が実施されました。
SSPスポーツトライアル支援事業、初の親子競技です。
当日は14組の親子が参加されました。

まずはバレーボール競技に親しんでもらうため、風船を使っての風船バレーです。

 

 

その後、風船にガムテープを貼り、少し重くします。重くなることでアタックも打てるようになります。家族対決では、トス→アタックと、親子のコンビプレーも見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、暑さ対策も兼ねて小休止。
固いボールの上に柔らかいボールを乗せ、落ちないように持ち続けます。体の中心で持ち続けるのは、難しいようです。

反射神経を鍛える動きも行われていました。
ボールの上に両手を広げ、もう一人が下からボールを持っておき、離した瞬間に「パッ!!」と掴みます。

どちらもみなさん、集中してされていましたが、出来た時は大盛り上がりでした。

 

 

いよいよ実践に近づきます。
保護者の方に投げてもらったボールを、レシーブする姿勢でキャッチする練習、レシーブしたボールを、もう一度トスして返球する練習へと進んでいきます。ボールに触れる回数を制限しないことで、ラリーが続いていました。

 

 

本日は14組のご家族が参加されました。始めは風船を使い、その後ボールを使用するなど、初めてのお父さん、お母さん、子供達も親しみやすい教室でした。次回は8月22日(日)。より実践に近い内容で開催予定です。興味がある方は、ぜひ参加してください!

 

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ

Copyright (C) Saga Amateur Sports Association. All Right reserved.